注目されている技術

地球上には毎日大量の太陽光が降り注いでいます。
太陽光のお蔭で、植物が育ち、大地が潤い、私たちの暮らしが豊かに回っていきます。
こうした太陽、自然は人間の力をはるかに超越した神聖なる存在。
しかし私たちは、文明の発展・技術の進歩ばかりに気を取られ、環境への配慮をおろそかにしてしまいました。
深刻になる環境問題。
次世代に引き継がれていってしまう負の遺産・・・。

このままではいけない、こうして考えられたのが、自然と共存する形での発電方法である「太陽光発電」です。
太陽光発電は、従来の火力発電や原子力発電と異なり特別な燃料は不要、そしてなにより発電時に排出される温室効果ガスが従来の発電方法よりも格段に少ないという特徴があります。
現在の日本ではエネルギー源の大部分を石油の輸入に頼っています。

ですが石油は限りある「枯渇性エネルギー」で、その輸入価格にも大なり小なり変動があります。
近年は輸入価格の高騰に伴い、自動車のガソリン代なども上昇、一般家庭にも負の影響が出ています。
これに対し、太陽光発電は太陽熱という「再生可能エネルギー」で、国内で持続的に得られます。

そのため、輸入金額などに翻弄されることなく、自給自足の発電を行うことが可能です。
日本は世界のなかでも割と早い段階から太陽光発電システムに注目し、実用化にむけて研究をし続けてきました。

2011年3月の大震災で大多数の国民は原子力発電の在り方に疑問を持ったかと思います。
世界的にもエネルギー供給状況への不安は年々高まっています。
こうした状況下で今、再生エネルギーである太陽光発電はとても注目されている技術のひとつなのです。

フィードインタリフとは?

フィードインタリフという言葉をご存知ですか?
英語ではFeed-inTariff、日本語では『固定価格買取制度』と呼ばれている助成制度です。
近年、環境問題の深刻な悪化に対応すべく、環境に優しいエネルギー開発の技術が開発されました。

しかし未だその一般普及には数々の障壁があります。
その中の1つにコスト面の問題があります。
しかし、いくら金額が高いからといって環境汚染から目を背けてはいけません。
国はこうした新しい自然エネルギーの普及拡大と価格低減を狙って、太陽光発電システムで発電した電力を電力会社が買い取るようにし、さらにその買取価格を法律により固定することで設備を設置する人を優遇することにしました。

設備の設置を優遇すれば設備の生産量は拡大し、太陽光発電システム技術の発展にも繋がります。
この助成制度は既にドイツなどで導入されており、その効果は非常に高いという。
日本でも平成21年より太陽光発電システムに対して開始され、売電価格はシステムの設置時から10年間適用されることになった。
今後、システムの普及が広がっていくに従って固定の売電価格は下がっていくものなので、長い目で見れば早期システム導入が結果的にお得だといえます。

また、太陽光発電メリットデメリットも考えたい所です。

太陽光発電 トラブルを防ぐ3つの安心|セキノ興産
太陽光発電 トラブルを防ぐ3つの安心|セキノ興産

更新情報